FP学習ネット

FP学習ネット TOP  >  FP過去問  >  2013年9月2級FP >  2013年9月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題(21)

2013年9月 2級FP技能士 学科 解答解説 問題(21)

■問題21
 経済指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.消費者物価指数は、全国の世帯が購入する財やサービスの価格等を総合した物価の変動をとらえたもので、各種経済施策や公的年金の年金額の改定などに利用されている。
2.企業物価指数は、企業間で取引される財に関する価格の変動をとらえたもので、総務省により公表されている。
3.景気動向指数は、景気の現状把握および将来予測に資するために作成された指標であり、CI(コンポジット・インデックス)の一致指数が上昇しているときは、景気の後退局面と判断される。
4.完全失業率は、全国の公共職業安定所に登録されている求人数を求職者数で除して算出される。
 
































■解答 1

1.正

2.誤
 企業物価指数は、企業間で取引される財に関する価格の変動をとらえたもので、日本銀行により公表されている。

3.誤 【内閣府 景気動向指数】
 景気動向指数は、景気の現状把握および将来予測に資するために作成された指標であり、CI(コンポジット・インデックス)の一致指数が上昇している時は景気の拡張局面、低下している時は後退局面と判断される。

4.誤
 完全失業率は、労働力人口(就業者+完全失業者)に占める完全失業者の割合。求人数を求職者数で除して算出されるのは、求人倍率。


FP学習ネット




[ 2015年05月15日 12:27 ] カテゴリ:2013年9月2級FP | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

PR
ご要望・ご相談等の連絡先

fp12345l@yahoo.co.jp

ご協力サイト
PR
<住宅ローン>
金融庁 金融取引に関して役立つ情報
国土交通省